« 孔子の戯言:如何に核廃絶運動は衰退したか | トップページ | 孔子の戯言:東京の空の玄関は何処に »

2006年8月23日 (水)

孔子の戯言:満蒙開拓団の父、東宮鉄男

時代の寵児と呼ばれた人がいます。その時代には誰もが知っていた人物が今現在は誰も知らない。そんな人のお話です。

昭和史の中で確かな足跡を残しながら、戦後の政治的理由から消されてしまった人物。そんな一人に東宮鉄男(とうみやてつお)がいます。お盆の頃、そんな東宮を取り上げた番組がNHKで放映されました。番組名は『満蒙開拓団はこうして送られた ~眠っていた関東軍将校の資料~』です。

日本陸軍には通称「支那屋」とよばれる集団がいました。参謀本部第二部(情報)支那課に所属する将校を中心にした集団でいわば元祖「チャイナスクール」でした。陸軍大学を出た参謀候補生達の中で支那課に配属されるのは、主に幼年学校や士官学校で中国語を外国語に選択した者達。支那課に配属された候補生達は、暫くすると中国各地の特務機関などに籍をおいて本格的に中国語の勉強と、実際の中国の風俗や風習に触れて中国を理解する機会を与えられます。そんなエリートとは別に非陸大の将校も支那屋には沢山いました。主に中国勤務中にリクルートされた将校で、独学で中国語をマスターしていた者も少なくなかったようです。中にはエリートコースをうち捨て、陸軍を辞めて大陸浪人に身を投じる者まで出していた支那屋達。

創設期からの伝統で独仏派がエリートコースだった陸軍で、地味な裏街道であった彼等に、突然スポットライトが当たるのが昭和という時代でした。その幕開けとなった事件が1928年(昭和3年)6月4日に起こされた、『張作霖暗殺事件』(別名「奉天事件」)です。関東軍の謀略として後に有名になるこの事件で、実際に現場で爆破スイッチを入れる命令を出した人物こそ東宮鉄男(奉天独立守備隊歩兵第2大隊中隊長)その人でした。(実際にスイッチを入れたのは奉天独立守備隊の大槻工兵中尉)

彼はこの事件の顛末が明らかになった後、第10師団歩兵第10連隊第3中隊長として国内へ転任させられます。いわゆるほとぼり冷ましをねらった人事なのは明らかです。独断で行動して他国の要人を殺害しても逮捕されずに一時閑職におかれるのは、彼がひとえに下級将校であったからでしょう。ここで東宮の経歴を見てみましょう。

T4・5    陸士卒(27期)
4・12    任歩兵少尉・近衛歩兵第3聯隊附
8・4    任歩兵中尉
9・6    歩兵第50聯隊附
9・6    シベリア出征(~10・5)
12・1    私費留学(広東)(~13・1)
14・8    任歩兵大尉
15・3    近衛歩兵第3聯隊中隊長
15・12    独守歩兵第2大隊中隊長
S4・8    歩兵第10聯隊第3中隊長
6・12    満州出張
7・4    関東軍司附(満州国軍政部顧問)
7・10    第一次武装移民団結成
8・8    任歩兵少佐
12・8    歩兵第2聯隊附
12・10    歩兵第102聯隊大隊長
12・11    任歩兵中佐
12・11    中支で戦死・大佐進級

歩兵第10連隊第3中隊長となって暫く後、将校集会所(士官倶楽部)の月例行事であった講座(将校が研究している分野を連隊長以下の幹部に発表する会)で、東宮は『日本人農民移民策』という一風変わった内容の講演を行っています。後に「満蒙開拓の父」と呼ばれることになる彼の片鱗が伺える逸話です。

そんな彼はある日、唐突に連隊を去ると満州に密かに渡り満州国建設に向けて奔走することになります。満州に余程縁がある方です。東宮がどういう形で開拓団という構想を国策に仕上げていったのかは番組をご覧になって頂くとして、満州事変勃発の翌年に当たる昭和7年(1932年)には、もう第一次満蒙開拓団(正式には「拓務省第一次武装移民団」492名)の移住が北満の永豊鎮(弥栄村)で始まっているのですから、彼の剛腕ぶりは確かなようです。彼等、開拓団員の男子は小銃を装備した一種の武装開拓団でした。(当初は男子のみの募集だったんです)当時の満州は馬に乗って現れる「馬賊」という盗賊が出没しては電車を襲うような治安の悪い地域でした。その上に抗日ゲリラも活動していました。こうした地で開拓するには武装もある程度は仕方のない事ではあったと思います。こうした開拓団の性格付けが、北海道開拓の際に導入された屯田兵をお手本にしたともとれるからか、この開拓団は陸軍や国には受け入れやすかったのでしょうか。

ソ連との国境付近に配置されて防衛軍の一翼を担うことを期待された満蒙開拓団ですが、東宮達は最終的(昭和32年までに)に500万人にしたいと構想していたそうです、それはかなり夢想的であったというのが私の感想です。機甲戦を得意としたソ連機械化部隊を相手に、有効な対戦車兵器を持たない自警団的集団がかなうはずもありません。

実際、昭和20年(1945年)までに満州へ渡った日本人は約27万人。彼等がソ連の参戦と関東軍の弱体化によって組織的な防衛戦を行えず犠牲となったのは広く知られています。日本への引揚げまでに亡くなった人々は約78,500人。ほぼ3.5人に1人の割合で開拓団員が亡くなった悲惨な事態を見ても、武装開拓団という東宮の構想が絵に描いた餅だったのは確かなようです。戦火が及んだ満蒙の地で、避難する開拓団の住民を見守るように立ちつくしている東宮の姿が各地で目撃されています。しかし実際の彼は8年前には戦死していたのでした。真夏によくある怪談話で、この項を閉じることにしたいと思います。

« 孔子の戯言:如何に核廃絶運動は衰退したか | トップページ | 孔子の戯言:東京の空の玄関は何処に »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97581/11574451

この記事へのトラックバック一覧です: 孔子の戯言:満蒙開拓団の父、東宮鉄男:

« 孔子の戯言:如何に核廃絶運動は衰退したか | トップページ | 孔子の戯言:東京の空の玄関は何処に »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ