« 孔子の戯言:国を売って楽しいのか? | トップページ | このままでよい訳がない »

2007年4月 7日 (土)

孔子の戯言:出鱈目報道は中国の圧力から

京都市内にある中国人留学生のための『光華寮』をめぐる裁判の判決が先日報道されていました。しかしこの裁判を報道する方が、裁判の内容を中途半端にして報道するものだから、何となく日本の司法は筋を通したと勘違いしてしまいそうになっています。しかし事実はだいぶ違っているのです。

まずはこの裁判の問題点を整理してみます。

1945年4月、京都帝国大学は中国人留学生(台湾総督府からの留学生)の宿舎にあてるため、民間の所有者から土地と建物を賃借して『光華寮』を設置しました。しかし、同年8月の終戦により、留学生の受け入れは廃止となります。同時に、京都大学は寮への借料支払を停止。しかし寮生は、その後も『光華寮』に住み続け、中華民国駐日代表団(1952年日華平和条約発効後は中華民国大使館)に対して土地と建物の購入を働きかけました。その結果、1950 年と52年に土地と建物を中華民国が購入し、1961年には『光華寮』所有権移転登記も完了しました。

ところが、1965年頃から中華人民共和国を支持する一部の寮生が、中華民国の管理を阻害する運動を始めたため、1967年に中華民国政府は『光華寮』から、その寮生達の立ち退きと部屋の明け渡しを求める訴えを京都地裁に提起します。

1977年9月、京都地裁が「『光華寮』は、第二次大戦中に日本が中国から略奪した物資を引き継いだ中華民国駐日代表団が、それを処分した資金により購入した寮施設であって「公有、公共財産」であり、中華人民共和国政府の承認により、『光華寮』に対する所有権・支配権は同政府に移った」とする判断を示した。

これに対して控訴した中華民国駐日代表団に、1982年4月、大阪高裁は「内戦や革命で政府が完全に交代した場合には、前政府が所有した公有財産は包括的に新政府に承継されるが、本件は前政府が局地的に残存して事実上の政府としてその地域で実効的な支配を維持している不完全承継の場合であり、この場合には第三国にある前政府の公有財産に関しては、国家機能に直接か関わるものは別として、前政府がその所有権を失うことはない」として、原判決を取り消して、京都地裁に差し戻す判決を下します。

差し戻し後の京都地裁、大阪高裁は、上記大阪高裁の判断を支持し、旧政府が国を代表する立場において所有・支配していた財産(外交財産)や旧政府に対して認められていた国家権力行使のための財産以外の財産については、旧政府に権利が存続するものとして、政府承認が切り替えられた後の中華民国政府の当事者能力(日本の裁判所で訴訟にたずさわる能力)については、事実上の支配を根拠として、私的取引等により生じた紛争に関して、それを肯定するという判断を示しています。しかし、この裁判が係争中の1972年9月、日本政府は日中共同声明により中華人民共和国を中国の唯一の合法政府と認めることを決定します。留学生側はそれを根拠に最高裁へ上告。

ところが、司法当局は外交が絡む問題であるためとして、その後事実上裁判を棚上げ状態にして放置。やっと重い腰を上げたのが今年の3月27日という事になります。しかも最高裁が示した判断は、「台湾は日中共同声明によって、中国を代表する政府でなくなった結果、代表権を失ったとして日中共同声明を発表した日である1972年9月29日に訴訟は中断したとして、以後の手続を無効として上記差し戻し後の大阪高裁判決を破棄し、中華人民共和国政府に訴訟を受継させ審理をさらに続行させるため京都地裁に再度差し戻す」として、寮の所有権については判断を示さないという中途半端なものでした。

実は1974年から現在まで、中国政府は日本側とたびたび交渉を行い、同寮は中国の国有財産であり、中日国交正常化以降は中華人民共和国の所有となるべきだとして、日本側に同寮の不動産登記変更を求めています。要するに圧力を掛けられてる訳です。しかも、それを当の中国政府はこれをネットで公開してるんですから。要するに、台湾と日本の関係を悪くするための工作に乗せられてるだけなんです。

http://www.people.ne.jp/2007/03/28/print20070328_69304.html

草場の陰で司法権の独立に命を張った児玉惟謙は泣いてるでしょう。日本の司法も相当堕落してると思われませんか?

« 孔子の戯言:国を売って楽しいのか? | トップページ | このままでよい訳がない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97581/14590597

この記事へのトラックバック一覧です: 孔子の戯言:出鱈目報道は中国の圧力から:

« 孔子の戯言:国を売って楽しいのか? | トップページ | このままでよい訳がない »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ