« 使命感と良識に恥じる所はないか | トップページ | 知らないところで危機が進んでる »

2007年5月29日 (火)

こんな言い草には意味がある

『米統合参謀本部傘下の研究機関、米国防大学国家戦略研究所は29日までに、日中関係について分析した報告書をまとめ、東シナ海のガス田をめぐる日中摩擦が紛争に発展する可能性があると警告、「東シナ海で発生し得る危機に備えるべきだ」と米政府に提言した。

日中間では東シナ海のガス田開発問題が主要懸案の1つとなり、共同開発を目指した協議が続けられている。こうした中で作成されたこの報告書は、米国の軍事・外交専門家が日中摩擦を深刻に受け止め、注視していることを示している。』 

(時事通信社 - 05月29日)

煽りますねー!米国がこういう事を言い出すのは、当たり前ですが思いつきじゃありません。それなりの理由があります。

中国海軍は正直いって海自の敵じゃありませんが、長期戦になったら敵いません。なんでって、中国海軍が台湾海峡から太平洋にかけてを海上封鎖をして来たら、日本経済は大混乱になり、ガス田なんか譲ってしまえとマスコミと一部の政治家は騒ぎ出すでしょうから。それに広範囲に散開されると海自のような少数精鋭海軍は対処のしようがありません。

逆に日本が中国を海上封鎖しても、あちらは痛くも痒くもありません。食料のエネルギーも自給自足が可能な上に、陸路でも輸送できる手段があります。また陸上兵力で日本が中国を占領するのも不可能です。これは米国軍でも同じです。

だから米国との安保関係を維持しないと損しますよ。米海軍の(特に第七艦隊)プレゼンスがないと中国は今以上に居丈高になってしまいますと言いたいんでしょう。

つまり、ガス田を開発されたら、もう負けてるも同じということですね。これをちゃんと認識している日本人はどれ位いるんでしょうか?


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

« 使命感と良識に恥じる所はないか | トップページ | 知らないところで危機が進んでる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97581/15246903

この記事へのトラックバック一覧です: こんな言い草には意味がある:

« 使命感と良識に恥じる所はないか | トップページ | 知らないところで危機が進んでる »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ