« リタリーナー | トップページ | バランス感覚を持とう »

2007年9月30日 (日)

「白」か「黒」か

http://www.asahi.com/national/update/0929/SEB200709290015.html

「高校日本史の教科書検定意見で沖縄戦の集団自決に日本軍の強制があったとする記述が削除された問題で、検定意見の撤回を求める県民大会が29日、沖縄県宜野湾市の海浜公園で開かれた。会場周辺も含め、約11万人(主催者発表)が参加した。仲井真弘多知事は「軍の関与は隠せない事実」と強調。高校生や沖縄戦の生存者も壇上で抗議の声を上げた。」

こういう議論になると、今時の日本人は「ある」と「ない」しかない両極端な話になるのに、毎度ながらウンザリさせられます。

以前に日記でも書きましたが、大江健三郎の「沖縄ノート」(岩波新書)で書かれていた「旧日本軍が住民に集団自決を命じたとする」内容が伝聞による取材であって、真実とは違っていたという話しを書きました。しかも、「沖縄ノート」の内容を検証した曽野綾子氏の「ある神話の背景」(文藝春秋刊、昭和 48年)によって随分以前から事実誤認と風聞による又聞きであることが指摘されていたにも関わらず、岩波新書の「沖縄ノート」は絶版にも訂正にもなっていない不思議な出来事があり、未だに大江健三郎は平和主義者のような扱いのままです。

沖縄戦で市民が日本軍の敗戦が迫る中で軍による保護を受けられず、指揮系統の崩壊しつつある軍部隊の個々の判断や自らが玉砕する事への心理から来る圧力から住民に自決を命じた場面がなかったとはいいません。しかし、冷静を保ち住民を保護しようとした部隊だってあったことでしょう。

また、戦後の国民に対する補償を定めた「戦傷病者戦没者遺族等援護法」が、戦災を受けた国民を年金や弔慰金の適用外としたため、悲惨な状況に置かれた沖縄県民人の傷痍生存者や遺族を救済するために、自決は軍命令によりなされたとすることで「準軍属」扱いにし、年金や弔慰金が受け取れるようにしたという方便が一部にあったことも明らかになっています。

こんな話しは当事者の大人達の間で密かに決められたことでしょうから、もう真相を語れる人もいないのかも知れません。あるのは当時子供だった人達の悲惨な体験だけ。そして沖縄戦で亡くなった内地からの日本兵約9万人の遺族の悲しみは誰も省みなくなってしまいました。彼等だって沖縄で死にたくはなかったろうに。未亡人や孤児になった人だっていたでしょう。そんな人に浴びせられるのが住民を自決に追いやった被告としての立場です。

斯くして、日本軍は悪であり、沖縄県民は被害者という単純な構図だけが出来上がりました。これで得してるのは誰でしょう。

確かに戦災を被った国民全員を救済するのは貧乏国家だった当時の日本政府には困難だったでしょう。それならそれで、政府が中心になって沖縄県民を救済する基金を設けて、民間などからの寄付を募って浄財で救済を試みる方法論だってあったはずです。しかし、そんなことをするよりも皆平等に扱うという建前論で逃げたつけが此処までになってるんですから。

ですから政府が責任を追及されないとは私はいいません。しかし「白」か「黒」かという単純な話しではないということも理解して、もしもハッキリさせたいというのなら、個々の事件をそれぞれ分析していくしかないのではと思います。

何時から日本人は、こんな単純な思考回路に成り下がったのか、そちらの方こそ私には追求すべき課題だと思えて仕方がありません。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

« リタリーナー | トップページ | バランス感覚を持とう »

コメント

 先の戦争に敗れた後、占領政策の一環で価値観を変えられてしまった側面が如実に現れているのではありませんか?特に最後段の件は。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97581/16616641

この記事へのトラックバック一覧です: 「白」か「黒」か:

« リタリーナー | トップページ | バランス感覚を持とう »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ