« 世界で一番権威がある立場 | トップページ | パラダイムを変えて問題を見てみよう »

2009年12月17日 (木)

楽屋落ちのネタでないと困る

「民主党の小沢幹事長が14日夕の定例記者会見で、天皇陛下と中国の習近平国家副主席との会見に関して述べた内容は以下の通り。」元記事

小沢幹事長の会見を見ましたけれど、ああいう場で全国ネットで自分の発言が放映されるという意識がないのは困りものです。政治家としての見識はどうでもいいですから、自分が政権与党の幹事長という立場を意識してくれないと、この国の権威だって傷付けかねないのだと判るようにならないと駄目ですね。

天皇陛下というのは、日本が持っている外交上のワイルドカードみたいな存在です。しかも外交の上では世界が認める権威でもあります。だから安売りしたら駄目というのは当然です。

その辺の詳しい話は以前のこの 拙文を一読下さい。

一部に習近平国家副主席と陛下の会談は格が云々というのもありましたが、どうやら胡主席が副主席時代の98年にも皇居・宮殿で会見しているとの事なので、前例は既に10年前に作られているということのようです。元記事

そういう意味では副主席の中で天皇陛下と会見出来た者が、次の主席の有力候補者となるような慣例作りに利用されたという批判は可能かもしれませんね。

 

【小沢氏】30日ルールって誰が作ったの。知らないんだろ、君は。
 ――2005年に。
 【小沢氏】法律で決まっているわけでもなんでもないでしょ、そんなもの。それはそれとして、君は日本国憲法を読んでいるか。天皇の行為は何て書いてある。それはどういう風に書いてある、憲法に。国事行為は、内閣の助言と承認で行われるんだよ。天皇陛下の行為は、国民が選んだ内閣の助言と承認で行われるんだよ、すべて。それが日本国憲法の理念であり、本旨なんだ。だから、何とかという宮内庁の役人がどうだこうだ言ったそうだけれども、全く日本国憲法、民主主義というものを理解していない人間の発言としか思えない。ちょっと私には信じられない。しかも内閣の一部局じゃないですか、政 府の。一部局の一役人が内閣の方針、内閣の決定したことについて会見して、方針をどうだこうだと言うのは、日本国憲法の精神、理念を理解していない。民主 主義を理解していないと同時に、もしどうしても反対なら、辞表を提出した後に言うべきだ。当たり前でしょう。役人だもん。そうでしょう。だからマスコミがそういうところを全然理解せずに、役人の言う通りの発言を報道ばっかりしていてはいけません。


今の天皇制の運用は英国に範をとって”存在すれど統治せず”が大原則な筈。今回の騒動も、そもそも天皇陛下を政治利用したかどうかが争点だと思わ れます。とすると、小沢幹事長が言う「天皇陛下の(国事)行為は、国民が選んだ内閣の助言と承認で行われる」とは、どういう意味なのでしょう。

憲法に見られる国事行為とはこんなモノです。

* 国会の指名に基づき内閣総理大臣を任命すること(日本国憲法第6条第1項)
* 内閣の指名に基づき最高裁判所長官を任命すること(第6条第2項)
* 憲法改正、法律、政令及び条約を公布すること(日本国憲法第7条第1号)
* 国会を召集すること(第7条第2号)
* 衆議院解散(第7条第3号)
* 総選挙[1]の施行を公示すること(第7条第4号)
* 国務大臣及び法律の定めるその他の官吏の任免並びに全権委任状及び大使及び公使の信任状を認証すること(第7条第5号)
* 大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権(恩赦)を認証すること(第7条第6号)
* 栄典を授与すること(叙勲)(第7条第7号)
* 批准書及び法律の定めるその他の外交文書を認証すること(第7条第8号)
* 外国の大使及び公使を接受すること(第7条第9号)
* 儀式を行ふこと(第7条第10号)
天皇の国事行為


さて、その国事行為に対して天皇陛下と内閣とはどういう風な関係にあるのでしょうか。内閣法制局は、過去の衆議院内閣委員会での答弁で、こういう見解を示しています。


1. 国事行為に際しての内閣の助言と承認に対して、天皇はこれを拒否する権能、変える権能はない
2. 海外旅行は国事行為に含まれないので、内閣の助言と承認に拘束されることなく、理論上、終局的には天皇の意思によって決定することになる
3. 天皇は国事行為について内閣に質問はできる

つまり、国事行為は内閣の助言と承認に基づかなければならず、内閣が国事行為の責任を負う(第3条)のですから、天皇陛下が今回の会見をもしも拒 否したいと質問をした場合、どうなるのでしょうか。実はそういう対応マニュアルがあるのかどうか公開されていません。ただ、想像として考えられる方法論 は、天皇陛下を正常な判断が出来ないとするため、一時的にせよ病に伏せられていることにして、その代行を皇太子殿下に求め、皇太子による決裁を経て会見を 実現することが考えられます。ただし、これも皇太子殿下の拒否にあった場合どうなるのか。これまた謎だと思われます。どちらにせよ天皇陛下による国事行為 は、要請をすれば受けていただけるという全ては性善説に基づいて運用されていると言っていいでしょう。

現在の憲法下であってはならないのは、天皇陛下の質問という実質的な拒否に遭遇した場合に、内閣が恐懼して総辞職したなんて事態です。ですが、だからといって内閣の命令を受け入れない天皇陛下を無理矢理に廃して良いとも云えないと思います。

つまりは、そういう事の内幕を世間にあからさまにすること自体が問題ということが言えるのではないでしょうか。

私は小沢幹事長が怒気を含んで会見してる本当理由は、羽毛田宮内庁長官の今回の会見が身内の恥さらしだという感覚からだと思います。

今のマスコミの報道姿勢だと羽毛田長官、あなたは勇気を鶴ってよく直言したという肯定論が多いようです。しかしこういう意見もあります。

羽毛田宮内庁長官が、尊皇のまこと心をもって天皇陛下をお守りしているのかどうかということが問われているのだ。習近平 氏の会見を受けるべきでないと羽毛田長官が職業的良心に基づいて考えるならば、「私はそのようなお願いをすることはできません。どうしてもというならば、 私を解任してください」と言って頑張るべきだ。そして、解任されても、言い訳をせずに静かに去っていくべきと思う。身を挺して、天皇陛下が政治の嵐に巻き 込まれないようにすることが宮内庁職員の仕事ではないか。羽毛田長官が経緯説明という名目で記者会見を行ったことによって、天皇陛下が政治問題に巻き込ま れてしまったというのが真相だ。


今回の事態を見ていると、本来批判されるべき外務省が態を潜めています。親中派のチャイナスクールが巣くうあの外務省が今回の会見問題に絡んでいないのは不思議と言えば不思議です。

これは民主党政権への官僚界からの嫌がらせなのとさえ思えてしまいます。

« 世界で一番権威がある立場 | トップページ | パラダイムを変えて問題を見てみよう »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97581/47042997

この記事へのトラックバック一覧です: 楽屋落ちのネタでないと困る:

« 世界で一番権威がある立場 | トップページ | パラダイムを変えて問題を見てみよう »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ