« 因果は巡るというお話し | トップページ | 利権の付け替えを急ぐあまりの暴言か? »

2010年6月17日 (木)

「La Battaglia di Algeri」

「英エンパイア誌が「史上最高のワールドシネマ100本(100 Best Films of World Cinema)」を発表した。(ここでいうワールドシネマとは、英語以外の言語=外国語映画のことだ。) 第1位に選ばれたのは、黒澤明監督の「七人の侍」(54)。黒澤監督のあまたある傑作のなかでも、とりわけ世界の映画人に大きな影響を与えた作品として知られる。エンパイア誌は、「アクションと人物造形、東洋と西洋、ブロックバスターとアートハウスといった要素が完璧に融合した、あらゆる言語を超越する傑作」と評価。」 

ベスト10は以下の通り 

1.「七人の侍」(日本/54/黒澤明) 
2.「アメリ」(フランス/01/ジャン=ピエール・ジュネ) 
3.「戦艦ポチョムキン」(ロシア/25/セルゲイ・エイゼンシュタイン) 
4.「自転車泥棒」(イタリア/48/ビットリオ・デ・シーカ) 
5.「パンズ・ラビリンス」(スペイン・メキシコ/06/ギレルモ・デル・トロ) 
6.「アルジェの戦い」(フランス・イタリア/66/ジッロ・ポンテコルボ) 
7.「シティ・オブ・ゴッド」(ブラジル/02/フェルナンド・メイレレス) 
8.「第七の封印」(スウェーデン/56/イングマール・ベルイマン) 
9.「恐怖の報酬」(フランス/53/アンリ=ジョルジュ・クルーゾー) 
10.「千と千尋の神隠し」(日本/01/宮崎駿)



この中で、6位に入っている「アルジェの戦い」について少し書いてみましょう。 

2007年に米映画協会(AFI)に所属する監督、脚本家、俳優、編集者、批評家ら1500人が、1997年以来10年ぶりに歴代のアメリカ映画のベスト100を選出&発表したことがあります。一応ベスト10を書いておくと以下のようになります。当然ながら英語の映画ばかり(^○^) 

1 市民ケーン(1) 
2 ゴッドファーザー(3) 
3 カサブランカ(2) 
4 レイジングブル(24) 
5 雨に唄えば(10) 
6 風と共に去りぬ(4) 
7 アラビアのロレンス(5) 
8 シンドラーのリスト(9) 
9 めまい(61) 
10 オズの魔法使(6) 



ところが、2009年3月に、映画マニアが多い米国Yahoo!の編集スタッフたちが徹底討論し、映画史上の名作リスト「死ぬまでに見たい映画100」を発表すると(順位は敢えてつけなかった) 

※英語原題のABC順、カッコ内は製作年&監督名 

「十二人の怒れる男」(1957、シドニー・ルメット) 
「2001年宇宙の旅」(1968、スタンリー・キューブリック) 
「大人は判ってくれない」(1959、フランソワ・トリュフォー) 
「8 1/2」(1963、フェデリコ・フェリーニ) 
「アフリカの女王」(1952、ジョン・ヒューストン) 
「エイリアン」(1979、リドリー・スコット) 
「イヴの総て」(1950、ジョセフ・L・マンキウィッツ) 
「アニー・ホール」(1977、ウッディ・アレン) 
「地獄の黙示録」(1979、フランシス・フォード・コッポラ) 
「アルジェの戦い」(1967、ジッロ・ポンテコルボ) 
「自転車泥棒」(1948、ビットリオ・デ・シーカ) 
「ブレードランナー」(1982、リドリー・スコット) 
「ブレージングサドル」(1974、メル・ブルックス) 
「欲望」(1966、ミケランジェロ・アントニオーニ) 
「ブルーベルベット」(1986、デビッド・リンチ) 
「俺たちに明日はない」(1967、アーサー・ペン) 
「勝手にしやがれ」(1959、ジャン=リュック・ゴダール) 
「戦場にかける橋」(1957、デビッド・リーン) 
「赤ちゃん教育」(1938、ハワード・ホークス) 
「明日に向って撃て!」(1969、ジョージ・ロイ・ヒル) 
「カサブランカ」(1942、マイケル・カーティス) 
「チャイナタウン」(1974、ロマン・ポランスキー) 
「市民ケーン」(1941、オーソン・ウェルズ) 
「グリーン・デスディニー」(2000、アン・リー) 
「ダイ・ハード」(1988、ジョン・マクティアナン) 
「ドゥ・ザ・ライト・シング」(1989、スパイク・リー) 
「深夜の告白」(1944、ビリー・ワイルダー) 
「博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて 
水爆を愛するようになったか」(1964、スタンリー・キューブリック) 
「我輩はカモである」(1933、レオ・マッケリー) 
「E.T.」(1982、スティーブン・スピルバーグ) 
「燃えよドラゴン」(1973、ロバート・クローズ) 
「エクソシスト」(1973、ウィリアム・フリードキン) 
「初体験/リッジモンド・ハイ」(1982、エイミー・ヘッカリング) 
「フレンチ・コネクション」(1971、ウィリアム・フリードキン) 
「ゴッドファーザー」(1972、フランシス・フォード・コッポラ) 
「ゴッドファーザー PARTII」(1974、フランシス・フォード・コッポラ) 
「007/ゴールドフィンガー」(1964、ガイ・ハミルトン) 
「続・夕陽のガンマン/地獄の決斗」(1966、セルジオ・レオーネ) 
「グッドフェローズ」(1990、マーティン・スコセッシ) 
「卒業」(1967、マイク・ニコルズ) 
「大いなる幻影」(1938、ジャン・ルノワール) 
「恋はデジャ・ヴ」(1993、ハロルド・レイミス) 
「ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!」(1963、リチャード・レスター) 
「花様年華」(2000、ウォン・カーウァイ) 
「或る夜の出来事」(1934、フランク・キャプラ) 
「素晴らしき哉、人生!」(1946、フランク・キャプラ) 
「ジョーズ」(1975、スティーブン・スピルバーグ) 
「キング・コング」(1933、メリアン・C・クーパー&アーネスト・B・シュードサック) 
「レディ・イヴ」(1941、プレストン・スタージェス) 
「アラビアのロレンス」(1962、デビッド・リーン) 
「ロード・オブ・ザ・リング」3部作(2001、2002、2003、ピーター・ジャクソン) 
「M」(1931、フリッツ・ラング) 
「M★A★S★H マッシュ」(1970、ロバート・アルトマン) 
「マルタの鷹」(1941、ジョン・ヒューストン) 
「マトリックス」(1999、アンディ&ラリー・ウォシャウスキー) 
「モダン・タイムス」(1936、チャールズ・チャップリン) 
「モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル」(1975、テリー・ギリアム) 
「アニマル・ハウス」(1978、ジョン・ランディス) 
「ネットワーク」(1976、シドニー・ルメット) 
「吸血鬼ノスフェラトゥ」(1922、F・W・ムルナウ) 
「波止場」(1954、エリア・カザン) 
「カッコーの巣の上で」(1975、ミロシュ・フォアマン) 
「突撃」(1957、スタンリー・キューブリック) 
「もののけ姫」(1999、宮崎駿) 
「サイコ」(1960、アルフレッド・ヒッチコック) 
「パルプ・フィクション」(1994、クエンティン・タランティーノ) 
「レイジング・ブル」(1980、マーティン・スコセッシ) 
「レイダース/失われた聖櫃《アーク》」(1981、スティーブン・スピルバーグ) 
「紅夢」(1991、チャン・イーモウ) 
「羅生門」(1951、黒澤明) 
「裏窓」(1954、アルフレッド・ヒッチコック) 
「理由なき反抗」(1955、ニコラス・レイ) 
「ロッキー」(1976、ジョン・アビルドセン) 
「ローマの休日」(1953、ウィリアム・ワイラー) 
「プライベート・ライアン」(1998、スティーブン・スピルバーグ) 
「シンドラーのリスト」(1993、スティーブン・スピルバーグ) 
「捜索者」(1956、ジョン・フォード) 
「七人の侍」(1954、黒澤明) 
「ショーシャンクの空に」(1994、フランク・ダラボン) 
「羊たちの沈黙」(1991、ジョナサン・デミ) 
「雨に唄えば」(1952、スタンリー・ドーネン&ジーン・ケリー) 
「白雪姫」(1937、デビット・ハンド) 
「お熱いのがお好き」(1959、ビリー・ワイルダー) 
「サウンド・オブ・ミュージック」(1965、ロバート・ワイズ) 
「スター・ウォーズ」(1977、ジョージ・ルーカス) 
「サンセット大通り」(1950、ビリー・ワイルダー) 
「ターミネーター2」(1991、ジェームズ・キャメロン) 
「第三の男」(1949、キャロル・リード) 
「スパイナル・タップ」(1984、ロブ・ライナー) 
「タイタニック」(1997、ジェームズ・キャメロン) 
「アラバマ物語」(1962、ロバート・マリガン) 
「トイ・ストーリー」(1995、ジョン・ラセター) 
「ユージュアル・サスペクツ」(1995、ブライアン・シンガー) 
「めまい」(1958、アルフレッド・ヒッチコック) 
「恋人たちの予感」(1989、ロブ・ライナー) 
「野いちご」(1957、イングマル・ベルイマン) 
「ベルリン・天使の詩」(1987、ビム・ベンダース) 
「オズの魔法使」(1939、ビクター・フレミング) 
「神経衰弱ぎりぎりの女たち」(1987、ペドロ・アルモドバル) 
「大樹のうた」(1959、サタジット・レイ) 

1077498_15491548_37large

「アルジェの戦い」がチャンと入っていますね。「アルジェの戦い」は原題が「La Battaglia di Algeri」と云います。フランス語かイタリア語という題名ですね。 

監督のジッロ・ポンテコルヴォ(Gillo Pontecorvo)はイタリア人ですが元々はイタリア系ユダヤ人。大学時代に左翼運動に荷担しすぎてフランスに逃れる羽目になり、此処で映画の道に入るのですが、オランダ人共産主義者イヴ・アレグレ監督に師事してドキュメンタリータッチの映画を学びます。その後共産党に入党。大戦中は反ナチスパルチザン活動に参加。戦後イタリアに戻るがジャーナリストの世界で活躍し映画から遠ざかる。それはソ連のプラハ侵攻で共産党に失望し、脱党するまで続いたのでした。そして再び映画の世界に戻り本格的な映画作品としては三作目が、この「アルジェの戦い」です。

そういう経歴の監督だけに、映画はフランスの植民地支配から立ち上がった民衆の独立運動に光を当て、出演者も現地の素人に毛の生えたような人を使うことで、まるでドキュメンタリー映画のような作品に仕上げています。あまりにリアルすぎて、時々アルジェリアの独立運動を伝える際に、ニュース映像のように使われていることすらあるほどです。

Afrench_workers

日本でアルジェリア独立紛争の映画というと、アランドロンやアンソニー・クインが出演した「名誉と栄光のためでなく(Les Centurions)」が有名ですが、この映画とあわせて「アルジェの戦い」を見れば、理解が深まるかも知れませんね。 

フランス人にとって、アルジェリア独立紛争はアメリカのベトナム戦争のようなもので、政府の弱腰や政治判断という名のご都合主義に振り回された軍部は叛乱騒ぎを起こし、ドゴール大統領の強権的判断が功を奏して、叛乱は不発におわったものの、後々まで軍部に深い傷を残しました。 

フランス外人部隊の精鋭中の精鋭とされている部隊に、第2外人落下傘連隊というのがありますが、どういうものか第1外人落下傘連隊が存在しません。実はこの第1外人落下傘連隊がアルジェリアで叛乱を起こした部隊の中核で、後に解体されてしまって永久欠番になっているのです。 

もしも見る機会があったら一度ご覧下さい。 フランス軍が嫌いになりますこと請け合いです(* ̄m ̄) ププッ

PS

友人によれば、2006年に公開された、『いのちの戦場-アルジェ1959』という映画も同じテーマを扱った秀作だそうですが、未見です。

« 因果は巡るというお話し | トップページ | 利権の付け替えを急ぐあまりの暴言か? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97581/48651412

この記事へのトラックバック一覧です: 「La Battaglia di Algeri」:

« 因果は巡るというお話し | トップページ | 利権の付け替えを急ぐあまりの暴言か? »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ