« 本当の危機なのだろうか? | トップページ | 馬鹿につける薬はないのよ »

2010年12月 5日 (日)

危機感がないのは致命的

「自衛隊と米軍の陸海空各部隊が参加する日米共同統合演習が3日から8日間の日程で、全国各地の基地や日本周辺海空域を舞台に行われる。日米合わせ過去最大規模の約4万4500人、艦艇約60隻、航空機約400機が参加。日本が武力攻撃を受けたことを想定した訓練が行われる。北朝鮮の砲撃事件を受けた米韓合同軍事演習の直後に行われ、韓国軍人もオブザーバー参加。北朝鮮に対し、日米韓3カ国の密接な関係を強調する効果があるとみられる。演習の主要項目は、弾道ミサイル対処や島嶼(とうしょ)防衛など。ミサイル対処では、各地の空自基地や米軍嘉手納基地に「PAC3」などの地対空誘導弾を展開させる。また、海上配備型迎撃ミサイル「SM3」を搭載した日米のイージス艦を日本海側に展開させ、小松基地のF15戦闘機や海兵隊機による艦隊防空も含めた訓練を行う。島嶼防衛は、海上・航空作戦を中心に実施。米空母「ジョージ・ワシントン」も参加し、佐世保基地(長崎県)沖の九州西方海域や、沖縄東方から四国南方にかけての太平洋側の海空域で、島嶼防衛の前提となる航空優勢を確保するための訓練などが行われる。」

米韓合同演習は、中国のお膝元の黄海の奥深くで繰り広げられました。これは異例とも云える寛容な態度でしたが、だから今度の日米合同演習も中国が寛容だとはいえません。今回の日米合同演習の狙いは、尖閣諸島での中国の台頭を抑え込む意志を示すことですからね。 

と同時に、北朝鮮の暴走にも日米韓が合同して抑止力を発揮するという意思表示にもなります。一昔前なら、社会党が集団的自衛権の行使だと大騒ぎする事態です。

マスコミは報道する気がないようですが、自衛隊も相当な厳戒態勢になっています。或る意味では臨戦態勢といってもいいでしょう。といっても、北朝鮮に侵攻するとか、そういう話は法的に不可能です。現実に取ろうとしている警戒態勢は、ミサイル防衛と、テロ行為の阻止です。在日米軍基地と自衛隊の各駐屯地や基地は警備レベルが上がっていますし、中央即応集団は即自待機状態です。空自のパトリオット部隊も同様で、例えば第15高射隊(岐阜)は日本海側の饗庭野分屯地に増強配備されたりしています。 勿論、表向きは演習名目ですよ。

こんな緊張状態は1994年以来ではないかと思いますが、そんな日本のテレビで報じられているのは市川海老蔵が暴漢に襲われた事件だったりします。

核ミサイルが降ってきても、落ちてみないと報道しないのでは、新聞はツイッターにもmixiにも劣るというのは、何とも言えず情けないお話しだと思いますね。

« 本当の危機なのだろうか? | トップページ | 馬鹿につける薬はないのよ »

コメント

 911以後、世界は鋭敏な爆薬の詰まった砲弾の上に座らされているような感覚がするのだが、相変わらず日本のマスコミの論調(国民の一般的感覚と言い換えてもよい)は能天気である。

 数年前から中朝国境地帯の中国軍は目に見えて増強され、中国海軍は今まで以上の速度で増強と現代化が進展しているが日本政府は民主党政権にあっては当然のこと、自民党政権下にあっても危機感は全く感じることができない。

 このままいけば五年以内に朝鮮半島情勢は大きく変わり、南シナ海もまた大きく変貌するのではないかと危惧している。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97581/50217131

この記事へのトラックバック一覧です: 危機感がないのは致命的:

« 本当の危機なのだろうか? | トップページ | 馬鹿につける薬はないのよ »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ