« 軍事クーデターを政界刷新と読み替える術 | トップページ | 本来の問題点から目を逸らすな »

2011年2月26日 (土)

国軍を忘れた国

「リビアの首都トリポリの情勢が緊迫するなか、首都から約200キロにある隣国チュニジアとの国境に、「毎日、1万人前後」(地元住民)のリビア人や外国人の脱出者が殺到している。「カダフィは外部の反体制派がトリポリの住民に合流しないよう、市の周囲に治安部隊や戦車を配置している」。25日、トリポリの自宅から車で裏道を抜け、チュニジア側国境の村ラスジディルに着いたリビア人の会社経営アブサラム・オルヘリさん(38)は、証言した。オルヘリさんによると、市中心部では、外国雇い兵数千人や戦車が配備され、雇い兵は時折、市民に向けて銃を乱射するという。反体制派住民は武器を持たず、立ち向かえない。「トリポリ近郊のザウィアやズワーラは反体制派が制圧したが、国際社会が関与しないと、カダフィは何をしでかすか分からない」と訴えた。」

Troops_occupying_nagatacho_1

本日は2月26日。1936年(昭和11年)2月26日から2月29日にかけて、帝国陸軍の第一師団を中心にした国軍の叛乱事件が起きた日です。参加した部隊の下士官と兵は叛乱を主導した上官(将校)の命令で行動しただけにも関わらず、その罪を減じられずに多くの兵士が支那事変や太平洋戦争で最前線に送られて戦死をしています。

(主たる叛乱参加部隊)
近衛師団・近衛歩兵第3連隊
第1師団・歩兵第1連隊、歩兵第3連隊


叛乱を主導した青年将校は理想に殉じたと、当時のマスコミは持ち上げたものですが、それを国民の側が素直に理解し支持出来たのは、講談や歌舞伎などで忠臣蔵の物語を知っていたからではないでしょうか。あれはまさに叛乱行為だと今でもあまりに理解出来ない人が多いのですから、これは今でも問題です。

Ijn_land_force_februrary_1936

この事件の”もしも”は、帝国海軍がかなり強硬な態度に出ていたら、海軍陸戦隊と叛乱軍が帝都において相撃つという大事件に発展していたかも知れないことです。そうなると、この亀裂は簡単には修復もできませんから、太平洋戦争に至る道程で別の歴史が展開されたかも知れません。もっともそうなると帝国日本は法治国家とは云えなくなりますか。

さて、お話しをリビアに戻しましょう。

リビアにも国軍はあります。陸軍は5万人の兵力を保有していると云います。以前は10万人ほど居たという説がありますが周辺諸国との戦争や、叛乱への警戒などから現在は半減しているモノと思われます。それでも頼りになるはずのリビア国軍を首都防衛に重用せずに傭兵による防衛戦を企図するカダフィーの深層心理。

独裁者は孤独ということなのでしょうかね。

エジプトでは、その国軍が最初から基本方針を保っていて、盲腸のようになっていたムバラク大統領に全ての怨嗟を集めさせ、国軍の治安出動命令を利用して、エジプト国軍を民衆の味方にする事に成功しています。

そういえば、お隣の国の中国では、国軍がありません。今ある人民解放軍は中国共産党の軍事部門です。中国の政治的なリーダーは、その党の私兵をどう掌握するのかということが求められます。しかも肝心の人民解放軍は、その駐屯地域の実力者と深く結びついた歴史が長くて、悪く云えば軍閥です。何時寝首をかかれるか判らない不安を抱えながらのリーダーの心労は大変なモノだとも云います。

しかしです。この日本には国軍がありません。自衛隊は自衛のための戦闘でしか活動できないように法律が整備されています。国の政体とか国体を守る責任はあるのかどうかも明確ではありません。今の法律で云えば、日本の政体を守るのは警察庁以下の全国の警察組織だったりします。海上保安庁も広義では、その意味で活動は出来るでしょう。ただ、まともな国の軍隊と戦って、それを撃破する能力がある訳じゃありません。元々そういう組織になっていないのだから仕方がないですけどね。

もしもですが、戦略上東京を放棄しないと行けないよう戦闘状態になって、政府が首都を守れと自衛隊に命令したとしてです。国民の避難状況を考え、東京を非武装都市化して、自衛隊が引いた方が良い場合もあるのに、政府が頑なに首都決戦を命令したら、元々国軍でもない自衛隊が市民の側に立って行動することがあっても、事後に法律で裁かれるとしても、それは単なる命令違反でしか訴追が出来ません。場合によっては執行猶予がつくような微罪になりかねません。そもそも国軍ではないのですから軍事法廷も法的に認められてはいないのです。

今の中東から北アフリカの市民暴動を、圧政に対する市民革命と讃えてる日本のマスコミや有識者さん達は、自分が住んでいる国が同じ事で更に矛盾した展開を生み出すのだろうにとは想像もしない。本当に他所の出来事は他人事なのだということがよく判ります。

日本は、未だに2,26事件の本質的な問題を理解出来ない人が多数なのだなぁ・・・と昨夜布団に入ってから考えてしまいました。


« 軍事クーデターを政界刷新と読み替える術 | トップページ | 本来の問題点から目を逸らすな »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97581/51045735

この記事へのトラックバック一覧です: 国軍を忘れた国:

« 軍事クーデターを政界刷新と読み替える術 | トップページ | 本来の問題点から目を逸らすな »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ