« 何も決められない国には象徴的な話で | トップページ | キリスト教世界の常識は通じない »

2012年8月28日 (火)

外交敗北を認識してから始めよう

http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=2121281&media_id=20

「「釣魚島(尖閣の中国名)は中国のものだ」「琉球は中国のものだ」とスローガンを叫んだ。」

尖閣諸島のみならず、沖縄だって中国のものだになって来てますが、中国指導部の混乱に乗じて、国民のガス抜きと関心を逸らすために、派手なパフ-マンスをやられたら、どうなりますか。

竹島も守れず、北方領土でも実効支配を見せ付けられ、唯一支配している尖閣が危うい。反省して謝罪して、友好を結んできた外交方針が通じていないと思うのですがね。現在の日本外交の方針が時代に合わなくなってきている点を反省する機運が世論から高まらないといけませんよ。

« 何も決められない国には象徴的な話で | トップページ | キリスト教世界の常識は通じない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97581/55526272

この記事へのトラックバック一覧です: 外交敗北を認識してから始めよう:

« 何も決められない国には象徴的な話で | トップページ | キリスト教世界の常識は通じない »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ