« エスカレートゲーム | トップページ | 鵺にやられないように »

2012年9月15日 (土)

挑発と抑制と暴走と

http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=2154085&media_id=20

「14日午前6時18分頃から20分頃にかけて、沖縄県石垣市の尖閣諸島・大正島の北北東約22キロの領海内に、中国の公船「海監51」と「海監66」が相次いで侵入したのを海上保安庁の巡視船が確認した。2隻は大正島への接近を続けており、巡視船は随走しながら領海から出て行くよう警告しているが、「定常的なパトロールを行っている。(尖閣諸島は)古来より中国の領土である」という趣旨の回答があったという。第11管区海上保安本部(那覇市)によると、尖閣諸島周辺の領海への中国公船の侵入は今年7月11~12日以来で、国が9月11日に尖閣諸島を国有化してからは初めて。」

尖閣諸島の国有化に対するアクション(アリバイ作り)でしょう。こちらも対処してお帰り願う。外交の最前線はプロトコルと騙しあい。これを面倒くさがったり、厭きたりしてはいけません。

心配なのは、こちらの方。

中国・上海の日本総領事館は13日、日本政府が沖縄県の尖閣諸島の国有化を決定して以降、上海市内で日本人が中国人から暴行を受けるケースが続発し、少なくとも4人が負傷したと明らかにした。同総領事館ではホームページを通じ、在留邦人や日本人旅行者に注意を呼びかけている。ホームページなどによると、上海の繁華街を歩いていたところ、「お前は日本人か」と声をかけられ、突然、足を蹴られて打撲傷を負うケースがあった。このほか、〈1〉深夜に食事中、中国人に因縁をつけられ暴行を受けた〈2〉タクシーで移動中、バイクの運転手が追いかけてきて「乗客を降ろせ」と言われた〈3〉複数人で歩道を歩いていたところ、中国人から「ジャパニーズ」と言われ、1人が麺をかけられてケガを負い、1人が眼鏡を割られ、持ち去られた――などのケースがあったという。
(2012年9月14日07時45分 読売新聞)


中国の世論は、反日なら多少の犯罪行為は許されるという雰囲気ですから、エスカレートすると殺人だっておきかねません。つまり、中国旅行は暫くは自粛する方が賢明です。日本製品の不買運動も既に各地で起き始めています。

中国では、同じ事が日本で起きると考えているようで、「中国大手旅行社(「中国康輝旅行社集団)、日本行き団体旅行販売全面停止」という話しになっています。

そうやって、お互いに経済的な損出を被ることで、結局は双方の世論は更なる反中・反日に落ち込んでいく。或る程度のレベルを超えると国のコントロールが利かなくなるものです。

« エスカレートゲーム | トップページ | 鵺にやられないように »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97581/55663825

この記事へのトラックバック一覧です: 挑発と抑制と暴走と:

« エスカレートゲーム | トップページ | 鵺にやられないように »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ