« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月 6日 (土)

「これでいいのだ」

http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=8&from=diary&id=2177945
「俳優の大滝秀治さんが2日午後3時17分、肺扁平上皮がんのため東京都内の自宅で死去した。家族のコメントは次の通り。(ファクス原文のまま)
 
2月に肺がんが見つかり8カ月。病気に身体を蝕まれる恐怖以上に仕事ができない事が辛そうでした。 しかし、心から信頼出来るお医者様と看護師さんに出会えた事で、わがままを云いながらも普通の生活を最期まで送る事ができました。こんなに家族とべったりと過ごした事がありませんでしたので、病気になるのも決して悪い事ばかりじゃないねと申しておりました。 あれこれ難しい本を読みあさっておりましたが、最後に手に取ったのは赤塚不二夫さんの「これでいいのだ」。まさに「これでいいのだ」と笑顔で穏やかに旅立ちました。皆様にはご心配いただきながら、病名もお知らせせず申し訳ありませんでした。 好きな仕事ができ、皆様に愛され本当に幸せ者です。この場をかりてお礼を申し上げます。 どうもありがとうございました。  大滝家一同」
 
「般若心経」の講義を聴いていた時、大徳寺の元管長を務めた高僧が私達に、こう言いました。
私達は、何かをすれば、必ず何かが得られると考えるように教えられているが、実はそういう考え方が、人の苦しみの始まりである。何故なら、努力を重ねても、何も得られないという時に、人は失望し、悲観し、果ては努力が足りないのは自分の不徳のせいだと自らを責め立て、自分で自分を貶める。「般若心経」の一節にこういう言葉がある。
無智亦無得(知ることも無く、得ることも無い)。
以無所得故(もともと得られるべきものは何も無いからである)。
この世には元々何も得るモノはないし、何かを得なければならないということはない。これを「空性」と「般若心経」では呼んでおる。
人の苦しみは、実は自ら生み出しているもので、故にその苦しみが何処から来たのかを自らで気付かない限り、苦しみから逃れる術はない。「ありのまま」に毎日を生きること。それが大切なのだと、「般若心経」は教えてくれる。
さて、ビートルズの名曲中の名曲の一つに「Let it Be」を挙げることが出来ると思いますが、この「Let it Be」の歌詞の中にも、こういう一節を見出すことが出来ます。
When I find myself in times of trouble,
Mother Mary comes to me,
Speaking words of wisdom, "Let it be."
And in my hour of darkness (in my darkest hour),
she is standing right in front of me,
Speaking words of wisdom, "Let it be."
僕が悲しみの淵に沈んでいると
Mother Mary(聖母マリア) が現れて
叡智の言葉をくださいました「放っておきなさい」
あたりが暗闇に閉ざされると
Mother Maryが目の前に立ち
叡智の言葉をくださいました「そのままでいいのです」
*注:ポールマッカートニーによれば「Mother Mary」とは彼が14才の時に亡くなった最愛の母親のことだそうです。
先程書きました「般若心経」の真理とそっくりですね。"Let it be."という言葉は、実は日本語にするのが難しいフレーズですが、「ありのままに」とも読めなくもありませんから。
ところで、ポールマッカートニーは、父祖の代にアイルランドからリバプールに移り住んだので、イギリス人に多い英国国教会の信者ではなく、カトリックの信者だろうと思います。カトリックの宗教観では「因果応報」の考え方をしますので、「人は生前の行いにより、死後に神の裁きを受け、良きものは天国へ召され、悪しきものは地獄へ落とされる」という思想を持っています。
そういう前提に立つと、"Let it be."という言葉の意味は、「できうる限り精一杯の善行を生きている間に積んでおこう。何事であれ出きうる限り頑張ろう。その結果を判断するのは神である。神はきっと私を見ていてくださる。マリア様の慈悲の心にすがり、救われることを信じて今はただただ無心で頑張って生きていこう」というようなことになるのかも知れません。
亡くなった大滝秀治さんが「これでいいのだ」という心境に、死を前にして至るというあたり、俳優道を極めた達人が自然とそういう事を悟るのだろうかと考えさせられましたね。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ