« 欧州式文化多元主義の崩壊 | トップページ | 河野談話の見直し求める »

2013年5月24日 (金)

困った人達のソネット

http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=52&from=diary&id=2439735

「日本の元大学講師ら3人が23日、日韓双方が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)に上陸し、島の領有権は韓国にあると述べた。韓国の聯合ニュースが伝えた。報道によると、3人は市民団体「『竹島の日』を考え直す会」のメンバーで、桃山学院大学元講師の久保井規夫氏、大阪樟蔭女子大学元講師の黒田伊彦氏、青森県の雲祥寺住職・一戸彰晃氏。3人は島の港に入り、韓国語で「独島は韓国のものだ」とシュプレヒコールをあげたという。久保井氏は「独島が韓国領であるということを確信して来た。この確信をさらに自分のものだけでなく、多くの日本国民にも伝えていく責務を感じた」と述べた。この市民団体は当初4人で島を訪問する予定だったが、うち1人が考えを翻し「独島は韓国領」と書かれた揃いのTシャツの着用を拒否したため、上陸できなかった。この人物は、韓国の警察当局によってフェリーから降ろされたという。」

個人が領土の帰属に関して意見を表明したところで、それが国家の方針に影響する筈もないのに、こういうニュースはあざとく報じるのかね?

もしも日本人が竹島で、”この島は日本のモノだ!”と主張したら、恐らく袋叩きにされしまったかも。その時も報じるのかなぁ?

○久保井 規夫
○黒田 伊彦
○一戸 彰晃

この3人の名前を調べてみると、まぁ色々面白い事が判ると思いますけど。

    « 欧州式文化多元主義の崩壊 | トップページ | 河野談話の見直し求める »

    コメント

    コメントを書く

    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97581/57986217

    この記事へのトラックバック一覧です: 困った人達のソネット:

    « 欧州式文化多元主義の崩壊 | トップページ | 河野談話の見直し求める »

    2015年8月
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31          
    フォト
    無料ブログはココログ