« そんなアホな話しにのれません | トップページ | 「成田空港泊」が常識化? »

2013年7月 3日 (水)

意志の勝利というやつ

http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=20&from=diary&id=2490991

「中国外務省の華春瑩副報道局長は3日の定例記者会見で、日本政府が抗議している新たなガス田開発作業について、「中国が管轄する海域での開発活動で、非難される点はない」と主張した。日本政府が伝えた「重大な懸念」については「受け入れられない」と述べた。東シナ海の境界を巡っては、日本が中間線を主張しているのに対し、中国は沖縄県・尖閣諸島よりも日本寄りの沖縄トラフ(海底の溝)までが自国の大陸棚であると主張している。華氏は「中国が中間線を受け入れたことはない」とした上で、「中国は争いの棚上げと共同開発を一貫して主張している」と述べた。」

尖閣諸島に関する領土問題を認めないと云うと、次はガス田の新たな開発と来た。想定通りですが、この問題も解決するには、日本が主張する中間線の日本側で同様なガス田の開発を進めるしかないんです。

昔、そんなことをしたら中国と戦争になるという意見が与党自民党に強く(特に加藤元幹事長、古賀元幹事長あたりは反対だったそう)、話し合いをするという事で収める筈が、中国に話し合いはするするといいながら、実際は全然話しが進まないまま、もはや日本の世論も忘れている事態になってます。

しかし、現実的な対応は平和的に日本もガス田の建設を進め、止めろ止めないで中国を引っ張り出すしかないのです。もちろん、建設をしようとすると中国は自国内という解釈ですから、色々な妨害をしてくるでしょう。それは排除してでも建設するという意志が日本政府にあることが判れば、それで充分です。
堂々と自国内で海上施設を建設するのを中国が攻撃したら、もうそれであちらは負け。それが充分判っているから、あちらは散々脅しては来ても、最後まではけしていかないのです。

ただ、一つ問題があります。そんな危ないところで工事をする建設会社が日本にあるのかという話しです。

日中中間線のガス田問題も、安倍政権の内にある程度は解決の道筋をつけないといけない問題です。

    « そんなアホな話しにのれません | トップページ | 「成田空港泊」が常識化? »

    コメント

    コメントを書く

    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97581/57985724

    この記事へのトラックバック一覧です: 意志の勝利というやつ:

    « そんなアホな話しにのれません | トップページ | 「成田空港泊」が常識化? »

    2015年8月
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31          
    フォト
    無料ブログはココログ