« 日本版コーンエアー? | トップページ | 漢字も読めなくなったのか »

2013年8月11日 (日)

日本を嫌う国は中韓だけ、中韓を嫌うのは世界中

http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=97&from=diary&id=2536824

「米国の調査機関Pew Research Centerが7月に発表した調査結果によると、日本に対して悪印象を持っているアジアの国は中国と韓国だけであり、それぞれ90%と77%に達した。中国と韓国の人びとが日本を嫌う理由は「過去の侵略行為に対する謝罪と反省が不十分」と考えているためだというが、中韓以外のアジア諸国では日本に対して好印象を持っているという割合が80%を超えており、謝罪が不十分と答えた人は極めて少数だった。」

”アジアの諸国は、どこでも日本の過去の侵略行為に対する謝罪と反省が不十分だと言っている”とよく言っている政治家や評論家が参考にしている統計は何処のものですか?

○韓国への戦後補償

「日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約」(1965年12月18日)と「日韓請求権並びに経済協力協定」によって韓国の日本に対する一切の財産及び請求権問題は完全に解決されている。これは国際法に照らしても合法な条約と協定であるにも関わらず、その後も条約を無視して韓国政府、議会、司法、韓国市民による対日請求が繰り返されているのはご存じの通りです。

・盧武鉉政権以降の再請求(2005年)
・韓国最高裁、日本企業の徴用者に対する賠償責任を認める(2012年)
・李明博大統領による天皇謝罪要求(2012年)

などなどが有名ですが、日本は1965年(昭和40年)の国交正常化後に1080億円の経済援助金を韓国に行いました。1965年当時の大卒初任給の平均額は24,000円でした。現在は概ね20万円前後です。仮に10倍と考えると1兆800億円。物価の安かった当時の韓国では実際には100倍の値打ちがあったろうと思います。さらに、日本は朝鮮半島に在外資産として、1945年当時の価値で702億5600万円を保有してましたが、それも放棄しています。韓国の場合、発電・配電システムや鉄道、電信、水道、港湾施設などが全て無償で手に入り、小学校から大学までもが初めからあった上で、新たな国造りを始められたのですから、賠償責任は元々果たしてきたのですし。ただ、朝鮮戦争でかなりの被害を受けましたから、復興には1兆800億円は必要だったのでしょう。

こんな国を、まっとうな国が相手にするとは思えないです。

« 日本版コーンエアー? | トップページ | 漢字も読めなくなったのか »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97581/57985350

この記事へのトラックバック一覧です: 日本を嫌う国は中韓だけ、中韓を嫌うのは世界中:

« 日本版コーンエアー? | トップページ | 漢字も読めなくなったのか »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ