« 艦長という仕事 | トップページ | この国の敬意のあり方 »

2013年8月23日 (金)

焦躁的声音在中国

http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=97&from=diary&id=2477381

「沖縄県与那国島町議会は、町が所有する21ヘクタールの土地を自衛隊基地用地として貸し出す議案を可決した。与那国島は尖閣諸島(中国名:釣魚島)から約150キロの距離にあり、戦闘機であれば6分ほどで尖閣諸島へ到着できる。環球時報が報じた。日本政府は中国軍への監視を強化することを目的に、2015年までに与那国島の中心に100-200人の陸上自衛隊員が常駐する兵営を建設し、東端に沿岸監視施設と移動式警戒管制レーダー基地を建設する計画を進めてきた。しかし、「日中で戦争が勃発すれば、与那国島は直接、中国との交戦の舞台となる可能性がある」として、島民の反対に遭っていた。今回、町議会は年間1500万円で用地を貸し出すことを決定、陸上自衛隊の君塚栄治幕僚長は6月末には正式な契約を済ませ、2015年までに基地を建設、稼働させることを発表した。同ニュースに対し、中国人ネットユーザーの多くは焦りを示しており、「基地が完成してしまえば中国は何もできなくなる。中国が何もせずにいればいるほど、日本は有利になってしまう」という声や、「こんな小さな島は数発の爆弾にも耐えられないだろう」と早速、島が戦場となる恐れを示唆する声もある。また、「日本製品をボイコットしよう。釣魚島や琉球諸島を中国が取り戻すまで徹底してボイコットしよう」と呼びかける声もあった。」

中国の戦争の仕方は、相手に先に攻撃させて、自分達は自衛のために戦うという構図を確立してから始めるのが定石です。従って、与那国島に中国が攻撃を仕掛けてくることは有り得ません。

ただし、こちらが切れそうになるような嫌がらせをどんどんやってくる可能性はあります。なので、中国人観光客は今後あてにしない方が無難です。もちろん、土地を売るのも貸すのも危険です。

与那国島の現在の人口は1600人。ここに陸自の沿岸監視部隊がやってくると100人の隊員と一部の隊員家族が移り住みます。陸自自体の支払う税収に隊員と家族の税収や島内での買い物、外食などを考えると福の神に見えてくると思いますけどね。

10年後には空自部隊も誘致してるでしょうね。

« 艦長という仕事 | トップページ | この国の敬意のあり方 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97581/57985781

この記事へのトラックバック一覧です: 焦躁的声音在中国:

« 艦長という仕事 | トップページ | この国の敬意のあり方 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ