« 色々深刻な韓国社会 | トップページ | ロシア、クリミア掌握へ »

2014年3月 7日 (金)

マクロに見ると

http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=133&from=diary&id=2789269

「政府は、北朝鮮が3日朝に発射した弾道ミサイルに対し、17時間以上が経過した同日深夜に抗議声明を発表した。3日は日朝赤十字会談に合わせて政府間の非公式協議が行われたが、その場では明確に抗議せず、ちぐはぐな対応が目立った。政府は3日午後11時45分、同日午前6時20分ごろと同30分ごろに弾道ミサイル2発が朝鮮半島から発射され、約500キロ先の日本海に落下したと公表した。航空機や船舶の安全確保を理由に「極めて問題のある行為であり、厳重に抗議する」とし、北京の外交ルートを通じて北朝鮮側に3日のうちに抗議した。北朝鮮は2月27日にも4発の弾道ミサイルを日本海に向けて発射したが、政府は「わが国の安全保障に影響があるわけではない」(小野寺五典防衛相)とし、公式見解は出さなかった。今回は公表に踏み切ったが、菅義偉官房長官が2月28日の記者会見で「わが国の安全保障に直接影響を及ぼすような事態が生じる場合、国民に迅速に知らせる」と明言したばかりだった。菅氏は4日の記者会見で、公表が遅れた理由を「情勢分析し、米国や韓国と調整しながら対応にあたった」と説明した。ただ、小野寺氏は4日の記者会見で、3日朝の時点で、発射を把握していたと説明した。」

”北ミサイル発射に政府ちぐはぐ”と云いますが、それはミクロな視点と言えませんかね?

韓国国防省によると、3日に北朝鮮東部沿岸から発射されたのは2発で、それは短距離ミサイル。北朝鮮は米韓合同軍事演習が始まった数日後の2月27日にもスカッドミサイル4発を東部沿岸沖に向けて発射していて、韓国ではそれに続く発射だと受けとめています。韓国によると、北朝鮮によるスカッドミサイルの発射は2009年以来で。同ミサイルは朝鮮半島全域を射程に収めることができる能力を持っていて韓国には脅威です。(スカッドCの射程は約1000㎞)

ミサイルが発射された同じ日の午前に、日本赤十字社と北朝鮮の朝鮮赤十字会による会談が、日朝両政府の外務省課長も交えて、中国・瀋陽のホテルで始まっていました。この時期に日本に向けて威圧行動を北朝鮮がする理由があるようにも思えません。

日本政府は、この日朝会談の成功を慮んばかって、あえて非難を外交ルートではするが、波風は立てないという、如何にも日本流の対応に出てるように見えます。

どうして日朝会談に安倍政権が拘るのでしょう。それは日韓関係の現状を打破するためかもしれません。日朝国交正常化が進めば、日本は3兆円(約295億ドル)ほどは賠償金を北朝鮮に支払うことになります。これとは別に年間1000億円程度の円借款も行われると思います。北朝鮮のGDPは260億ドルあたりですから、これは大きな金額です。今の北朝鮮は日本からの賠償金は喉から手が出るほど欲しい筈です。日本が北朝鮮との関係を改善すれば、困るのは韓国で、喜ぶのは米国です。米国が日韓関係の改善を強く求めるのも、北朝鮮の脅威を理由にしているからですから。

そういう風に見ると、産経新聞が云いたいのは、抗議は抗議で堂々とやれということなのかも知れません。

« 色々深刻な韓国社会 | トップページ | ロシア、クリミア掌握へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97581/59252409

この記事へのトラックバック一覧です: マクロに見ると:

« 色々深刻な韓国社会 | トップページ | ロシア、クリミア掌握へ »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ